HOME | クリニック案内

クリニック案内

 

アネシスとはギリシャ語で【安心】という意味があります。

院長:水野 力(みずの つとむ)

皆様に愛され、安心できる美容クリニックであり続けたいと願っております。

美容外科・美容整形・二重まぶた・デカ目・鼻整形・あご・エラ・ホホ削り・若返り手術・プチ整形・涙袋形成術・婦人科形成術・男性形成術・ピアス穴あけなど美容に関するお悩みはアネシス美容クリニックへどうぞお気軽にご相談ください。
当医院では豊富経験と医療技術により安心していただける施術を行っています。
若く健康に、今よりもキレイを目指し、皆様の体づくりを応援しています。

開業年月日:平成26年2月28日 アネシス美容クリニック開業

完全ご予約制
【診察日時】
月曜日~日曜日 10:00~19:00

【診察科目】
美容外科、美容形成、美容整形、ピアス穴あけ
 

 

当院がめざす美容医療

 多くの美容整形、美容外科クリニックでは広告宣伝や外観設備に過大な投資をして集客しているのが現状です。ですから治療費用にこれらの広告宣伝費や外観設備費が上乗せされています。すなわち本来の治療に必要な費用ははるかに低額なはずです。また治療技術が優れていると宣伝してブランド価値を上乗せしていることも多いのです。
  
当院は広告宣伝や外観設備費や無駄な経費を極力抑えています。
 

当院の治療方針

当医院では、低価格でも高い技術力で安心して美容医療を受けていただけるには理由があります。

(1)他のクリック様では、カウンセリングと称して医師がじっくり話を聞くことがあるため、医師の高い人件費が施術代に上乗せされておりますが、当医院では、5分以内の診察とすることで、人件費を低減し施術料金を低く抑えています。また、診察時間を短くすることで、手術時間を割いており、手術症例数の多さがスタッフの技術力向上に繋がっています。技術力には、絶対的な自信があり、安くても、手を抜くことはないので、ご安心ください。

(2)当医院では、現金決済のみとすることで、クレジットカード決済の手数料を施術代に上乗せしておりません。クレジットカードのポイントは、たまりませんが、現金決済により施術料金を低く抑えています。お客様には、ご不便をおかけしますが何卒ご理解いただけますようよろしくお願い申し上げます。

(3)当医院は、清潔感を保つことを重視し、豪華な内装を施さないことで施術料金を低く抑えています。
このように様々な、無駄を省く事で低価格、安心安全な美容医療を実現しています。言葉で説明されるよりも実際の美容効果を体験していただければ、きっと満足していただけると思います。少しでも気になる方は、是非一度ご来院ください。心よりお待ちしております。
 

アネシス美容クリニックの7つの安心

  1. 1.十分な美容医学情報開示とインフォームドコンセントを行います。

  2. 2.手術デザインは、一人一人に合わせて丁寧に行います。

  3. 3.美的センス、長年の経験と医学的根拠に基づいた治療を行います。

  4. 4.最小の負担で最大の効果を上げるよう努力します。

  5. 5.リスクを回避するため万全な体制を整え、安全であるように努めます。

  6. 6.痛みを軽減するよう十分に配慮いたします。

  7. 7.術後も、アフターケアを誠実に行います。

 

美容外科クリニック選びのポイントと当院の理念

美容外科も医療の一分野ですので、各治療に長所と短所があります。
よい点だけが説明され、いかにも夢のような手術はありません。
当然欠点があるはずですから、これがすべて説明なされなければなりません。
欠点を十分に理解した上で、本当にご自身が受けても良い治療か否か検討することが大切です。
 
すべての美容医療には副作用があります。その副作用により障害が残るリスクが伴う(医原病といいます)という覚悟も必要です。
 
当院では、常に欠点につきお話します。常に患者様の立場に立った医療を行っています。手術ですから感染が生じないよう消毒と清潔には十分に配慮しております。日本にとどまらず海外の美容外科知識と技術を修得し、患者様に喜んでいただけるよう日々研究と努力を怠りません。
 
麻酔クリーム、局所麻酔、静脈麻酔、全身麻酔など、リラックスした麻酔も選ぶことができますが、手術の種類によっては無理なこともあります。美容整形には興味はあったけど、痛みが心配で今まで踏み切れなかった方も、一度相談してみて下さい。

院内紹介

受付カウンセラー

わたくしたち受付カウンセラーが親身になってお悩みをお聞きいたします。
お気軽にご相談くださいませ。

3階〜12月8日OPEN~

アネシスピアスセンター

9階

入り口

受付カウンター

待合廊下

診察室

診察、施術室

手術室

 

ちんたくさんがご来院
ちんたくさんと院長の関係は…?